日本地質汚染審査機構のロゴマーク 日本地質汚染審査機構
現在までの訪問者数

美しい国土の修復をめざして
−地球とみらいのこどもたちのために−

この環境の透明度を子孫に

大生の思井戸

  「大生の思井戸と青竜宮」(大生七つ井戸の一つ:茨城県潮来市)

2019年の挨拶

−地質汚染イブニング・セミナー第300回達成と
NPO法人日本地質汚染審査機構創立20周年記念事業
=「地質汚染科学事典」(単元調査法=国土愛)出版にむけて−

 昨年は、私達のNPO法人日本地質汚染審査機構(以下:本機構と呼ぶ)が提唱してきた地質汚染科学の単元調査法にとって、環境科学史にひとつの歴史的事実が残りました。それは、2000年頃に開始された東京豊洲新市場の汚染の調査が、土壌汚染対策法施行規則(以下:施行規則と呼ぶ)による画一的に試料を採取する調査手法(無単元調査法)で行われことです。その結果、水の透しやすい砂礫層や透し難い泥層といった地層単元をも破壊しました。それによって浄化予定が不明になり、期限までに無害化は不可能として小池知事が謝罪しました。しかし、その後に専門家会議から安全性の確認を受け7月31日に知事によって豊洲新市場開場の認可が申請され、築地市場から新市場へ移転することになりました。とは言っても豊洲新市場地下には汚染物質が存在していることは事実です。
 移転までには無害化が不可能であると行政の長である知事が謝罪したことは、環境に対する真摯な態度とも理解できます。しかし、浄化終了の時期も浄化の程度も表明できず知事が謝罪した理由のひとつとして、本機構の単元調査法ではなく、合法的とは言っても施行規則による無単元調査法で調査し、浄化が行われてきたことを挙げることができます。
 しかし、施行規則の調査法では、汚染機構解明ができずそのために浄化もできないことが明らかになりました。環境浄化の戦場では単元調査法が勝利したことは自明です。国土愛とは、みらいのこどもたちのために国土を綺麗な地質環境に修復することです。
 次の戦場は、地質環境に関して縦割り施行される法体系に対し、縦糸と横糸で編み上げた新法体系への移行を工夫・実践することです。会員の御尽力で地質汚染イブニング・セミナーも年末には230回になります。その内容を300回に至るまでの同セミナーにも織り込み、「美しい国土の修復をめざして−地球とみらいのこどもたちのために−」のモットーに一歩でも近づけなればなりません。
 一方、これまでの環境の縦割り行政が生んだ地質汚染の負債は、あまりにも大きい。この解決には、世代を超えた努力も必要であり、また政界・行政・業界・学会ともども真摯に議論し、健全な物質循環の主軸である水循環の維持が必要であることも痛感します。ここで振り返ると、私達のモットーともシンクロナイズし、実践を心強くする味方が政府の施策のなかにふたつあります。そのひとつが、2014年7月1日に施行された水循環基本法で、もうひとつが2011年3月開始(環境省による)の「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」です。未来の子供の命を守り、そして浄化・修復した美しい日本列島を引き継ぐために、このふたつの施策は最も重要な課題と思われ、本機構も政府の両施策の達成に尽力いたします。そのためにも、セミナー第300回と本機構創立20周年記念事業「地質汚染科学事典」の出版とを達成しましょう。
 最後に、科学的調査法を指導できる本機構には、愛すべき美しい国土を作るために産官民の各組織に単元調査ができる地質汚染診断士を一人でも多くする責務があります。

水の日:8月1日・水の週間:8月1日-7日
1977年(昭和52年)5月31日の閣議了解

  


NPO法人日本地質汚染審査機構 理事長
理学博士・茨城大学名誉教授
楡井 久
(地質汚染診断士・地層液流動化診断士)






大塚山最終処分場モニタリングリンクへ 神栖市周辺モニタリングリンクへ
[2019年11月28日(金)]
18:30〜20:30
北とぴあ701会議室(部屋番号にご注意ください)
第228回イブニングセミナー
講師:山本 晃(八千代エンジニヤリング株式会社 地質・地盤部長)
演題:地下水流動可視化の研究成果
[2019/6/10]
2019年11月15日(金)〜17日(日)開催予定
第30回 地質汚染調査浄化技術研修会のお知らせ
[2019/6/18]
2019年7月27日(土)開催予定
第2回シンポジウム
(水循環の恩恵と関東平野)
久留里湧水の現場見学会・
久留里湧水と水循環フォーラム
―なぜ、湧水って下から湧き出るの?―

開催のお知らせ

[2019/1/24]
第18回重金属類・残土石処分地・廃棄物処分地診断に関わる地質汚染調査浄化技術研修会のお知らせ
[2016/8/9]
『上砂正一さんを偲ぶ会』のご案内
[2016/6/2]
熊本地震国際合同調査速報シンポジウムのご案内
[2016/4/16]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内追記:コア剥ぎ取り作業日程変更のお知らせ
[2016/4/14]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内追記:本日(4/14)予定の 「潮来市日の出のボーリング調査」中止について・今後の予定について)
[2016/4/10]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(半割りコア試料採取・オールコアサンプラー試料採取現場の見学日追加について)
[2016/3/28]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(剥ぎ取り作業について)
[2016/3/22]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(ボーリング現場休止、最終日について・剥ぎ取り作業について)
[2016/3/22]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(ボーリング現場見学最終日について)
[2016/3/18]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(ボーリング現場見学について)
[2016/3/16]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(今回は地質汚染診断士以外の方も受講可能といたしました)
[2016/3/15]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(オールコアボーリングの工程・日程について)
[2016/3/14]
第3回 地層液流動化診断士研修会の御案内(速報)
[2015/7/24]
第1回宅地の地すべり・土砂災害・水害減災診断士認定研修会テキスト販売のご案内
[2013/1/10]
第1回地層液流動化診断士に係わる技術研修会の報告
[2012/12/13]
第23回地質汚染調査浄化技術研修会の報告
[2012/5/28]
2012年度通常総会の報告
[2011/9/1]
ハイブリッド・ヘチマドレーン工法のお知らせ
[2011/2/2]
地質汚染診断士CPD取得状況調査のお願い
[2010/3/17]
土対法施行規則による指導の実態調査アンケート結果
[2009/5/13]
大塚山塩素イオン地下水塊の拡大阻止動画を公開の案内
[2008/10/1]
大塚山(最終処分場)第1回審査会(第2次)報告
[2008/5/7]
関東ベーズン実習センター完成
業務日:月曜日〜金曜日
   (祭日を除く)
業務時間:9:00〜17:00
住所:〒262-0033
千葉県千葉市花見川区
幕張本郷5丁目24-1
ローズハイツ1号
TEL:043-213-8507
FAX:043-213-8508
office@npo-geopol.or.jp
Copyright(C)
日本地質汚染審査機構
All rights reserved.